心と身体 星のめぐり 命のめぐり

寿のこと 

セッションをする寿のこと

はじめまして、カタリストの寿です。
職業名のカタリストは catalyst / 触媒

触媒は、動きや変化のきっかけとなり、変化の速度を速めるもののことです。

仕事を始めてからずっと職業名のことを考えてきました。
職業は何かを聞かれた時に、言葉に迷うことばかりでした。

セラピスト.ヒーラー.スピリチュアルカウンセラー.占い師..
似たようなことはしていても、どれも違和感がありました。

数年前、ふと目にとまった言葉が「カタリスト」
「触媒」としての作用に、自分のやってきたことが着地できたように感じて
その頃から職業欄にはカタリストと記載してきました。

そのうちに、 『カタリストは “語る人”ということですよね』
『星を語るのですね』などと言われるようになりました。
触媒の意味とはズレるのですが、それはそれで違和感なくハラにおちてきます。

“着地できた”ように感じたのは あんがいあっていたんだな、
名前を付けるというのは こういうことなんだな、などと思う今日この頃です。

どうぞ よろしく おつきあいください。


.

セッションのツール

お話をすること.対話を基本にして、必要に応じて下記のツールを併用します。

占星術 . エネルギーリーディング . レイキ . アロマセラピー
ソウルメイトカード . ルーン . ボディーワーク

詳細は 「セッション」ページをご覧ください

.

ライフワークとして探究していること

——— 人のグリーフワークと 星のめぐり(占星術)について

グリーフは「強い悲嘆」のことです。
グリーフに向き合うプロセスをグリーフワークとよびます。

グリーフ/強い悲嘆は主に「喪失の体験」によって起こると考えられています。
近年、グリーフ . グリーフワーク . グリーフケアという言葉を使う場合には
「死別の体験」による悲嘆や そのケアを指す事が多いです。

私は 少し範囲を広げ、人生で経験する主なグリーフをテーマとしています。
死別だけにとどまらない 大切な人との別離、
仕事や役割 . 夢や希望 . 目標 . 収入 . 居場所.故郷や大切な想い出の喪失
加齢による若さの喪失や閉経.疾病による身体感覚の変化

そして、命の源から離れ 地上へ一人降り立つという “根源的な分離” の悲嘆も。


何かを失うことは、人生という物語の舞台や登場人物が消えてしまうことです。
今まで あたりまえだった物事がそうでなくなる、
今まで生きてきた道を 書き換えざるをえない体験。
周りに そう見せなくても、本人は “今までの自分”が死んでしまったかのような
耐え難い痛みを感じていることが多々あります。

ですから個人のグリーフワークは、人生という物語を書き直す取り組み、
再構築.再誕生.回復のプロセスと考える事もできるでしょう。

回復の時期には ゆらがない軸や 支えが必要になります。

生活面の再構築には、住居.経済.地域社会など具体的な支えが重要になります。
心の回復には生活の安心と併せて、目にみえない部分.精神面の支えも必要です。

死別の悲嘆の場合、宗教(者)や宗教儀式がガイドや支えになる場合が多いです。
これは、故人や過去の体験といったものと向き合う時に、
個人の人生を越える恒久的.普遍的な軸が必要だからではないかと考えています。

私自身のことを書けば、星のめぐり(占星術)が、
バラバラになった人生の欠片を丁寧に手繰り寄せ
新たに紡ぎ直す助けになりました。
中年期のクライシス(35歳頃~45歳頃の変革期) の
度重なる喪失の体験、
深い悲嘆から立ち戻る時の支えになりました。
いつの間にか占星術が仕事になっていたことには
自分でも 驚いています。

占星術のセッションや勉強会を始めてからは、
様々な動機でいらっしゃった方が
“星のめぐり”にふれることで、人生を停滞させている悲嘆に気付き、その意味に癒され、くびきを解いて人生の新しい地図を手にする
そんなプロセスを、たくさん共有させていただきました。

占星術は使い方によって、予見のツールにも、熟考のツールにもなります。
長きにわたり大勢の人を魅了し続け、探究に向かわせたのは
占星術が人智を越えた深淵な場所に直結するツールだからかもしれません。


私は、占星術を、人のグリーフワークのツールとして使うことに関心を持ち
ライフワークとして常に考えてきました。

星は願いを叶えてくれるわけでも、人生を変えてくれるわけでもありません。
でも、星のめぐりを知り、意識する/使うことで 人生は大きく変容します。
占星術をツールとして使う、というのはそういう意味です。

様々な人が、自分と共にある星々の響きに気付き そこに意識を向けることで
悲嘆を生きる力へと変え 生きる意味をみつけ 人生を再構築していきます。
抱えているもの、そこから立ち戻るプロセス、それがどのようなものであっても
取り組まれる姿は いつも 尊い愛と喜びに満ちています。


長々と占星術とグリーフワークについて 書いてきましたが、その中でも
“命の源から離れ地上へ一人降り立つという根源的な分離の悲嘆”をテーマに
占星術を学び 探究し続けています。

占星術の基本は、全ての天球.全ての天体をまんべんなく考察するのですが、
過去と未来・物質と精神に橋をかけるえ働きをする小惑星キロン(カイロン)と
土星以遠の天体や太陽系外の恒星に強く魅かれています。

自分が土星期(56歳~)に入ったせいもあると思うのですが
『私の人生は間違っていないか。魂の目的とあってるか』
『天命や、お役目が、他にあるのではないか』
『 死んだら どこへ還るのだろう』
というような ご相談が多くなりました。

明快な答えはないような相談ですが、出生図をみながらお話しているうちに
ご自分なりに答えをみつけ、納得されるようです。
『この歳だからこそ占星術を学びたい。』
『もっと星の話を聞いていたい。』
そういう声を聞くと なんだか とてもうれしいです。

新しいwebサイトでは、学んだこと 探究していることを書いていく予定です。

二度目のサタンリターンは、自分の基盤の再構築の時期。
きっと、まだまだ、言葉の試行錯誤は続きます。
この場でどんな言葉を紡げるかなぁ
実験開始

           2019.9
          

免責事項要約

・無断転載の禁止
・引用の注意事項について
クレジット入り画像はクレジットを残し、画像の一部分の引用や加工等をせずにご利用下さい。
天文データについては引用はお控え下さい。
文章の大半または全てをコピーしての利用の禁止

・情報の利用にいて
自己責任においてご利用ください

こちらは要約です。
全文は「免責事項」をご覧ください。