心と身体 星のめぐり 命のめぐり

星の言魂 – ホシノコトダマ

星の言魂 について

// 生まれた時の星の配置 “出生図”を元に、自分の資質や可能性を紐解きます。
星の告げるタイミングを知り、人生を豊かに描きましょう //


日々の天体の巡りは “空気” を震わせ、私達の深い意識を刺激します。
その刺激をどう感じ、どう反応するかは、出生時の天体配置によって違います。
それは出生の天体が、日々巡る星々と共鳴するアンテナのように働くからです。

この出生の天体と日々の天体の関係は、私たちと天気との関係に似ています。

例えば同じ地域に暮らす人の空模様は同じです。
でも、雨がふって気分が滅入る人もいれば、心地よく感じる人もいますね。
同じように、天体がうむ気配に活動的になる人も そうでない人もいるのです。

日々をめぐる天体が作る空気感は、空模様と同じように変化します。
空模様ならぬ 星模様といえるでしょう。

私たちは星模様が作る気配の中に生まれ、その瞬間の気配を身体にまといます。
それは星の配置が記された、見えない皮膜のようなものかもしれません。
それが星々のめぐりと共鳴し、人生を彩るのです。

生まれた瞬間の星の配置を記した図を出生図とよびます。
“私”という存在が、魂のルーツから分離して地上に生まれきたのだと考えると
出生図を魂の地図ということもできるでしょう。
生まれる時に持った種を記し、種が行動や感性等の多様な個性として発芽し
社会の中で成長して魂の目的へ向かうための地図です。

その地図に、日々めぐる星々は「時」を告げます。

このセッションでは、出生図に記された さまざまな印を読みといていきます。
また、めぐる星々と出生図が作る豊かな「時」の模様を、日々の言葉に翻訳して
「私の物語」へと 紡ぎます。


空に星を探すように
月に心をゆだねるように
星の言魂を 開いてみましょう。

.

セッションでできること できないこと

出生図から読みとけるものは、ほんとうにさまざまです。
特質・個性・言動のパターン・興味や好み 
いつ頃、どんな動きをして、その時どんな気分か…..
知っている自分、未だ見ぬ自分、全てが記されています。

過去をふりかえり原因を探ることも、未来の可能性を探ることもできます。
人や場所、物事との相関関係/相性を考えることも、
とりまく社会や経済の動向を考えることもできます。

そのほか特徴的なものの1つがタイミングです。

タイミング/時を知る技法は、昔から研究され有効に活用されてきました。
現代は天体の複雑な運行もアプリやソフトで瞬時に計算ができるようになり
時を知る技法には早さと正確さが加わりました。
時期を考える力強いヒントになるでしょう。

私的なことから公的なことまで、
過去のことから未来のことまで、
目にみえることから目にみえないことまで、
まとめてみると、できることの範囲は広いです。

このセッションで出来ないことは、吉凶、勝ち負けなど、占断のようなこと。
また、牡牛座の人、蠍座の人、などと人をタイプ分けすることもできません。
(その他は、下記ご利用のガイドラインをご確認ください)

.

時間と料金

星よみベーシック 基本 60分 4000円 延長 30分毎 2000円

 占星術を使ったコンサルテーション全般
 ご相談ごとがある場合は、こちらをご利用ください。
 2時間前後(セッション時間のみ)の ご利用が多いです。

出生図リーディング 3時間まで 10000円 
 
 出生図を わかりやすく説明していきます。
 前半は資質や可能性など、後半はタイミング的なこと。
 説明が主になるので、少しお得な料金になっています。
 

ご予約・お問合せはこちらから
セッションをする寿について
セッション一覧


・ボディーメニューと合わせて受けることも可能です。
・セッション前にはwelcome drinkと簡単なチューニング。
 セッション後にafter drinkとシェアタイムをとります。
 所要時間はセッション時間+約40分ほどになります。

・おそれいりますが、下記に関するご相談は お引き受けできません。
 賭け事.宝くじなど。株.投資.投機.金融相場関連。
 病気の有無.治療の経過など 医師法に抵触する質問。
 国家資格者でなければ扱えないこと。法に抵触する相談。
 試験やオーディションなどの合否。
 上記以外でも、セッションの範疇を越えた内容のもの。
  

免責事項要約

・無断転載の禁止
・引用の注意事項について
クレジット入り画像はクレジットを残し、画像の一部分の引用や加工等をせずにご利用下さい。
天文データについては引用はお控え下さい。
文章の大半または全てをコピーしての利用の禁止

・情報の利用にいて
自己責任においてご利用ください

こちらは要約です。
全文は「免責事項」をご覧ください。