占星術と対話(ダイアローグ)で 人生の物語を 豊かに紡ぎましよう

Another world Another life +恒星パラン

螺旋時間を旅するセッション Another world Another life の新しい試みとして
占星術の技法のひとつ「恒星パラン」を読み解きのガイドに使います。
今回は モニターセッションとして通常料金にてご案内します。

自分に繋がるものに どうぞ会いにいらしてください。

ご好評をいただき ありがとうございます。
モニターセッションは終了しました。
恒星のパランについては、将来的に星の言魂に取り入れていきます。

いただいた感想を掲載しました.

恒星パランを使うことの意味

セッションは通常どおり
いま”私の人生”を生きている魂が、同時に生きている別の世界
~ 私と同じ魂が生きる”別の人生”の主人公達に話を聞くことから始めます。
伝えられたことを 自身の今の言葉として読み解く時に、
“恒星パラン”を使用していきます。

恒星パランの”恒星”は、簡単にいえば 太陽と同じように自らが輝く星のこと。
地上からみあげた恒星を繋げた星座、複数の恒星が集まった星団、恒星の名前
例えば、おおいぬ座のシリウス.こと座のベガ、おうし座のプレアデス星団など
名前を見聞きすることは多いと思います。

占星術で使う月は地球の衛星、水星.金星.火星..は地球と同じ太陽系の惑星です。
生まれた時の天体配置からは個人の性質や可能性.人生におけるタイミングが考察でき
出来事が起きた時の天体配置からは社会.環境にひろがる影響や推移が考察できます

恒星は遠く太陽系の外にある大きな天体です。
惑星のように個人的.地上的なことには関与しません
けれど恒星が惑星と特定の関係を作る時、その惑星は恒星の光を帯びます。
その特定の関係がパランで”共にある”という意味があります

恒星パランを持つ惑星は恒星の放つものを帯びて働き、集団意識に共鳴します。

この”共にある”恒星をガイドに読み解くことで
魂を同じくする同胞との繋がりや自分への理解が深まるのを実感しました。

同じように感じ、必要としている方がいるかもしれない…
そう思ってのご案内です。

天体のめぐりは大きな進化を告げています。
その帳が上がる2019年の冬、
自分の定点を確認にいらしてください。

モニターセッションの内容

セッションは通常どおりすすめます。
こちらを参考にご覧ください
読み解く時に 恒星パランの説明をして、ガイドにします。

作成した恒星パランの表を差し上げます。
これは生涯 使えるものです☆


セッションや 恒星のパランについて、感想をいただきました。

固定ページ:

1

2

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


免責事項要約

・無断転載の禁止
・引用の注意事項について
クレジット入り画像はクレジットを残し、画像の一部分の引用や加工等をせずにご利用下さい。
天文データについては引用はお控え下さい。
文章の大半または全てをコピーしての利用の禁止

・情報の利用にいて
自己責任においてご利用ください

こちらは要約です。
全文は「免責事項」をご覧ください。