占星術と対話(ダイアローグ)で 人生の物語を 豊かに紡ぎましよう

星模様(春分.水瓶へ移る土星)~待望は切望へ

天体の縦移動が続いた二月は、動かされるけど先が見えない状況が続きました。「そのうち」と時を待つ思いは圧縮され待望となり、3月3~6日を境に動き始めているように感じます。

行き場の定まらない力は凝縮し熱を持ち、些細な刺激で外へ噴出します。

ひとつ前の星模様で3月を “迸る3月” と書いたのは、黄経上の大きい移動が続く3月は刺激=熱が外へ噴出する機会が多いからです。その辺りの星模様を まとめてみました。

こんなことを書いています
page 1 : 3月からの星の動き ~ 月相. 天体の動き.主要なアスペクト.赤緯黄緯
page 2-3 : この時期の星模様のトピック
 ― 星の動きにまとめたデータを使って 三つの期間に分けて考察しています。
  水星の順行と八天体順行.春分.土星が山羊から水瓶へ.月の赤緯と黄緯
 
 

3月からの星の動き ・3/1-4/8

※ 4月分のデータの一部を”四月の星模様”へ 移動しました

期間中の月相

 3/ 3 4:57 🌓 上弦 双子 12°42′
 3/10 2:48 🌕 満月 乙女 19°37′
 3/16 18:34 🌗 下弦 射手 26°15′
 3/24 18:28 🌑 新月 牡羊 4°12′
 4/ 1 19:21 🌓 上弦  蟹 12°09′
 4/ 8 11:35 🌕 満月 天秤 18°43′ ※2020年最も地球に近い満月(最大)

天体の動き(月は省略します)

太陽 3/20 12:50 魚から牡羊 / 春分 
水星 3/ 4 19:46 逆行して 魚から水瓶へ
   3/10 12:32 水瓶28°12′ 逆行終了( 2/17 9:27 魚12°53′で逆行 )
   3/16 16:44 水瓶から魚へ
   4/11 13:45 魚から牡羊へ
金星 3/ 5 12:09 牡羊から牡牛へ 4/4 2:16 牡牛から双子へ
火星 3/31 4:43 山羊から水瓶へ
土星 3/22 13:00 山羊から水瓶へ 
※土星のサイン移動は2017年12/20以来 2年3か月ぶり

※サインの移動がない天体
木星は山羊 . 天王星は牡牛 . 海王星は魚 . 冥王星は山羊


主要なアスペクト(スマホは横向きにしてみると見やすいです)

合=コンジャンクション(0度) . □ スクエア(90度) . ☍︎ オポジション(180度) . △トライン(120度) のみ表記。 アスペクトの度数は、分( ′ )を切り上げた数え度数です 。

3/ 4 1:46 牡羊金星-山羊土星 29度で□  
3/ 8 21:23 太陽-海王星 魚19度で合
3/ 9 4:40 金星-天王星 牡牛5度で合
3/10 2:48 🌕 魚太陽-乙女月 20度で ☍︎.満月
3/20 20:34 火星-木星 山羊23度で合
3/23 14:17 火星-冥王星 山羊25度で合
3/24 18:28 🌑 太陽-月 牡羊5度で合.新月
3/28 13:24 牡牛金星-山羊木星 24度で△
3/29 11:55 牡牛金星-山羊冥王星 25度で△

赤緯・黄緯

月の赤緯と黄緯

クリックすると画像が拡大します

3/ 5 赤緯最北 ↷
3/11 赤道 北↘南
3/17 赤緯最南 ↺
3/25 赤道 南↗北
4/ 1 赤緯最北 ↷

クリックすると画像が拡大します

3/ 5 黄道 南↗北 ☌︎ ☊︎
3/11 黄緯最北 ↷
3/17 黄道 北↘南 ☌︎ ☋︎
3/24 黄緯最南 ↺
4/ 1 黄道 南↗北 ☌︎ ☊︎

☊︎ ドラゴンヘッド
☋︎ ドラゴンテイル

天体の赤緯・黄緯 移動 ( ° ′ の前の±は +は北緯 . -は南緯)

水星 3/16 赤緯 最南 ↺  4/15 赤緯0°=赤道を 南↗北へ
   3/17 黄緯0°=黄道 を 北↘南
金星 4/ 2 赤緯 +23°27′ *アウトオブバウンズ(OOB) 6/2まで
火星 3/3 赤緯:南緯での*OOB終了(2/10-3/3)

※OOB (out of bounds 境界の外)
通常、太陽の赤緯最北.最南になる±23°26′の範囲内を移動する天体が、太陽の赤緯境界±23°27′を越えた領域にある状態。
OOB中の天体の象意は通常と異なる挙動をとる。突出.集中.急増.過剰等。


木星  3/ 2 赤緯:数え度数 南緯23度から22度へ
土星  4/ 6 赤緯:数え度数 南緯21度から20度へ

.

固定ページ:

1

2 3

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


免責事項要約

・無断転載の禁止
・引用の注意事項について
クレジット入り画像はクレジットを残し、画像の一部分の引用や加工等をせずにご利用下さい。
天文データについては引用はお控え下さい。
文章の大半または全てをコピーしての利用の禁止

・情報の利用にいて
自己責任においてご利用ください

こちらは要約です。
全文は「免責事項」をご覧ください。